読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンタイトル

思いつきで書いています

移動をなくす

今まで書いてきた、ごみの問題、燃料の問題、川の汚染の問題、輸送の問題とさまざま

な問題があるが、これらを解決しようと思うと頭が痛くなってきそうだが、これらを一気に解決するほうほうがある。

そんなの無理だと思われるかもしれないが、実は簡単なことで、根源はひとつのことだったりする。それをとればいい。

その方法とは

「移動をなくす」

だ。

今の日本の社会ではみんな多くの移動をしている。学校にいったり、通勤したり、仕事でほかの会社にいったりしている。帰りに買い物をしたり、スポーツジムに行く人もいるだろう。そしての時にそれぞれ別の乗り物にのって、別の服を着て、別の道具を使っていないだろうか?

 1度一日に移動した場所や、使ったものをメモにでも書いてみたどうだろうか?

通常の生活で考えてみる。

 まず朝起きて着替える服だ。そして箸や皿やコップや歯ブラシ、スマートフォン、かばんなど多くのものを手にする。靴も。そして移動する。自転車?電車?自動車かもしれない。そして多くの移動をする。車や電車がなかった時代には考えられない距離を。

会社の中でも多くの道具を使うだろう。そして移動する人もいるだろう。

これらのことが、上に書いた多くの問題を生み出しているのだ。

これらを解決するほうほうはひとつ。移動をなくすことだ。

 通勤をしない。買い物にも行かない。スポーツジムにもいかない。

これだけのことで、多くのものを使わなくてすむ。

しかしこれを行うと生活するうえで、多くのものが不足してしまう。非現実的なことを書いているようだけども、昔の日本の生活はみんなそうで、通勤もない。買い物もない。

 今も多くの国の人がそうゆう生活をしている。

なにが違うか?それは日本の社会に圧倒的に不足しているものがある。それは生活に必要なものを自分で作ることだ。

家の周りに畑があれば、たいていのものは作れてしまう。食料も服も。

 燃料は足りないかもしれないが、それは生活を変えてしまえばよい。逆に今の日本の社会はあまりにも燃料に頼りすぎなのだ。これを変えればよい。

 だがしかし、これを変えるにあたって一つ大きな問題がある。それは土地だ。

これに関してもいろいろ考えてみた。これはた後で。

 

 

 

広告を非表示にする